職人紹介

蒔絵師金銀や色漆の粉を漆の上から巻いて文様を描く職人

蒔絵師(まきえし)とは

蒔絵師

蒔絵は、漆塗の面に金銀粉を蒔いて絵を描く技法で漆工芸の極みとも言えます。
仏壇・仏具が京都の総合工芸なら、蒔絵は漆の総合工芸とでもいいましょうか、漆の全ての技法が集約された分野です。

蒔絵師
蒔絵師

金粉の粗さや蒔き具合によって、平らにするか盛り上げるかによって、また研ぎ出すかそのままにするかによって、仕上がりも違い、無数の表現技法があります。

また、デザインも無数で、高レベルな表現力と技術力、知識が必要とされます。
仏壇・仏具の前面を華々しく飾る蒔絵は、京都・若林の誇りでもあります。

仏師(ぶっし) 木地師(きじし) 彫師(ほりし) 塗師(ぬし) 蝋色師(ろいろし) 箔押師(はくおしし) 錺師(かざりし) 彩色師(さいしきし) 蒔絵師(まきえし) 表具師(ひょうぐし) 総合組立(そうごうくみたて)

フッターイメージ