職人紹介

木地師仏具に適した木材を用いて
仏具をかたち作っていく職人

木地師(きじし)とは

木地師

檜(ひのき)材、松材、欅(けやき)材などを使用し、各寺院の形式、大きさにあったものを製作する、 それが木地師さんです。

木地師
木地師

木地師さんといっても小物類から机類、仏壇、大型木地まで多種多様であり、それぞれに作る職人さんは異なります。
材料は、割れや節、ねじれのない素直な木を選び、充分に乾燥させてから使います。
仏具は木地が原点ですが、特別な設計図は存在しません。
若林専属の職人が代々受け継いだ型板や、杖(つえ)と呼ばれる設計図代わりの木材を用い、経験と勘でバランスよく仕上げていきます。

丈には1本の角材のそれぞれの面に巾、高さ、奥行の基準になる寸法が記されています。各宗派によって形も異なり、かなりの経験を必要とします。

木地師
仏師(ぶっし) 木地師(きじし) 彫師(ほりし) 塗師(ぬし) 蝋色師(ろいろし) 箔押師(はくおしし) 錺師(かざりし) 彩色師(さいしきし) 蒔絵師(まきえし) 表具師(ひょうぐし) 総合組立(そうごうくみたて)

フッターイメージ