職人紹介

錺師一枚の銅板から繊細な柄の金具を作り上げる職人

錺師(かざりし)とは

錺師

壇・仏具を美しく飾る装飾金具(錺金具・かざりかなぐ)を作るのが錺師さんです。
京都の金具には立体的な地彫り、基本的な毛彫りなどの伝統技法や、コストを考えた電気鋳造が取り入れられており、日本で最もレベルの高い製品を生んでいます。

一般的には銅、真鍮、銀などの板素材が使われ、これを加工した後、金、銀などのメッキを施します。メッキの前身である伝統的な鍍金(ときん)というすばらしい技法も残っています。

京都では、伝統的に錺師さん社会の中でも分業化されており、いわゆる錺師(かざりし)と呼ばれる人が窓口となり、デザイン、寸法等を決定し、それが彫刻屋さん(彫師・ほりし) に渡ります。

模様が彫れたものが錺師に戻り、メッキ工程に廻します。それぞれの専門性が品質を高めています。

錺師
錺師
仏師(ぶっし) 木地師(きじし) 彫師(ほりし) 塗師(ぬし) 蝋色師(ろいろし) 箔押師(はくおしし) 錺師(かざりし) 彩色師(さいしきし) 蒔絵師(まきえし) 表具師(ひょうぐし) 総合組立(そうごうくみたて)

フッターイメージ