職人紹介

彫師木材を自由に彫込
花や天人、動物の形に仕上げていく職人

彫師(ほりし)とは

彫師 彫師

木地屋さんで出来た「木取り」に合わせて動物や花の彫刻を彫っていく、これが彫師さんの仕事です。

彫刻には、一つの木塊からのみ仕上げる「丸彫り(まるぼり)」、各部分に分けて彫り、細かさとを立体感を作り出す「付彫り(つけぼり)」があります。

彫刻は仏具や仏壇のあらゆる箇所を装飾するもので、白木地でも、また漆金箔や彩色を施すことにより、その印象を変えていきます。
彫刻はお寺の仏具や仏壇の表情を決定するところでもあり、デザインから仕上げに至るまで、経験とセンスがいる仕事です。

彫師
彫師

基本的に各宗派ごとに定められた図面で作られますが、ご寺院の起源などによりオリジナルデザインで作ることもあります。
職人さんによってそれぞれ彫刻の構図や細かさ、厚みなどに違いが見られ、 また欄間や大柄物を主とする職人さんや、卓など小柄なものを主とする職人さんに分かれます。

仏師(ぶっし) 木地師(きじし) 彫師(ほりし) 塗師(ぬし) 蝋色師(ろいろし) 箔押師(はくおしし) 錺師(かざりし) 彩色師(さいしきし) 蒔絵師(まきえし) 表具師(ひょうぐし) 総合組立(そうごうくみたて)

フッターイメージ